ヴォクシーのタイヤサイズとホイールサイズを解説

ヴォクシーのタイヤサイズとホイールサイズを解説

トヨタ自動車が販売する人気のミニバンヴォクシーですが、今回はタイヤサイズとホイールサイズについて解説します。

また新車から数年経った時に、タイヤ交換する際のタイヤ代・作業工賃などのランニングコスト・交換する際におすすめのタイヤについて解説しようと思います。

 

ヴォクシーの純正タイヤサイズと純正ホイールサイズ

ヴォクシーにはミニバンとして標準的なタイヤが純正装着されています。

下位グレードのスチールホイール仕様・アルミホイール仕様と合わせて、アルミホイール仕様のインチアップサイズがラインアップされています。

ヴォクシーの純正タイヤサイズと純正ホイールサイズ

画像:トヨタ

タイヤサイズはスチールホイール仕様は195/65R15です。

アルミホイール仕様には同じく195/65R15の他に205/60R16と205/55R16が用意されています。

ヴォクシーはミドルサイズミニバンですので、純正装着タイヤは比較的コンパクトであることがわかります。

 

車両本体価格を抑えたベースグレードにはスチールホイールが使用されているため、タイヤサイズも経済的な15インチが採用されています。

(画像は15インチスチールホイール用の樹脂フルキャップ)

スチールホイールのキャップ

画像:トヨタ

 

扁平率を見てみますと上位グレードを除くと195/65R15と205/60R16ですので細目のタイヤで、どなたでも運転しやすいようにと作られています。

インチアップなどをしてタイヤが太くなると乗り心地やハンドル操作に影響が出ます。

インチアップする際には注意が必要です。

 

ヴォクシーに使用されているタイヤは上記のとおり、195/65R15・205/60R16・205/55R16です。

これに対応するスチールホイール・アルミホイールが装着されています。

P.C.Dは昔ながらの114.3mmで、5穴ホイールです。

全てのホイールが6.0JJになっています。

 

P.C.Dはトヨタが昔から採用してきたサイズで、ヴォクシーも同様に114.3mmを採用しています。

リム径から見てもこのホイールサイズは一般的な普通車のサイズですので、社外ホイールに交換する際は選択肢が多い車種と言えます。

タイヤ交換に関して

交換工賃

タイヤ交換にかかる費用ですが、部品代(タイヤ代)と交換工賃の2種類の費用がかかります。

まず作業工賃ですが、ガソリンスタンド・部品量販店・自動車ディーラーなどで作業依頼するのが一般的です。

それらの事業所で提示される一般的な交換工賃ですが、タイヤ1本交換するのにこのサイズであれば2,000円(税別)前後となっています。

一般的に、タイヤの交換工賃は車種ごとの差はほとんどありません。

トラックやハマーなど特殊な車両であれば別ですが、軽自動車からミニバンまで統一されています。

工賃には

  • 車両からホイール付きタイヤを脱着する工程
  • タイヤチェンジャーからタイヤを取り外して組み替える工程
  • ホイールバランス調整の工程
  • 廃タイヤ処分料

が含まれています。

業者によってはホイールバランスをなしにすれば、少し安くしてくれる場合もあります。(ジャダ等の原因になりますのであまりおすすめはしません)

タイヤ代

タイヤ1本あたりの部品代(タイヤ代)は購入先によって異なります。

現在はインターネットが普及していますので、ひと昔前と違って安いタイヤを個人の方でも安く探すことが可能です。

ヴォクシーの最小サイズであれば一本あたり10,000円前後からありますし、安心を求めて国産タイヤのブランドタイヤにするのであれば20,000円前後になります。

インターネットで購入する場合の注意点ですが、タイヤの製造年月日を必ず確認するようにしましょう。

インターネットでの安いタイヤは新品であっても製造から半年経っている場合などがあります。

タイヤはゴム製ですので劣化するものです。

新品を買ったつもりが中古品を買ったのとさほど変わらないということになりかねませんので、購入時には注意が必要です。

タイヤは消耗品

ドレスアップのためにスチールホイールからアルミホイールに交換したり、純正アルミホイールからお気に入りのアルミホイールに交換する際もそうですが、自動車のタイヤは一定の周期で交換しなければいけません。

タイヤはゴムでできていますので、常にシャッター付きの車庫に保管しているなら別ですが、太陽の熱などの影響で年月が経ってくるとひび割れしてきます。

また、当然ですが自動車を使用しているとだんだん溝がすり減ってきます。

新車に装着されているタイヤは一般的に2~3年で交換すると言われており、初回車検はひとつの目安になります。

ただし、年間走行距離の多い方であればタイヤの状況を見て(特に残り溝)早めの交換が必要です。

 

タイヤにはスリップサインが設けられており、このスリップサインを超えてしまう前に交換する必要があります。

自動車法規でタイヤの溝は1.6mm以上なければいけないと定められており、スリップサインを超えてしまうと車検に通りません。

おすすめするタイヤメーカー3選

BRIDGESTONE REGNO GRVⅡ

ブリヂストンがミニバン専用タイヤとして開発したタイヤです。

音楽や会話が穏やかに満ちてくる、静かで快適な乗り心地。ミニバンは心やすまるリビング空間に近づいてくる。※メーカーHPより抜粋

ミニバン特有の走行騒音を抑えた静粛性を売りにしたタイヤです。

その他、ミニバンタイヤにとって最も大事な操縦安定性も実現。

ヴォクシーにおすすめできるタイヤです。

YOKOHAMA BluEarth RV-02CK

コンパクトミニバン・軽ハイトワゴン専用に開発されたタイヤで、ヴォクシーにぴったりです。

高車重&高車高のミニバン/SUV向けタイヤのテクノロジーを継承することで、ハイト系コンパクトカー&軽自動車の「ふらつき」を抑えて「しっかり感」を実現。さらに「高い静粛性」も実現しました。※メーカーHPより抜粋

これにより、車両重量のあるミニバンであっても安定した走行が実現します。

エコタイヤですので従来の性能も兼ね揃えていますので文句なしです。

ただし、油断は禁物ですので安全運転に心掛けましょう。

DUNLOP エナセーブ RV505

低燃費と長持ちを両立したミニバン専用タイヤ「4D NANO DESIGN」を駆使し開発された「新配合」が不要な発熱を抑え転がり抵抗を低減。さらに、剛性分布を最適化した「新パターン」採用により優れた耐摩耗性能を実現。また、ミニバンユーザーのニーズに対応して特有の偏摩耗・ふらつきを抑え、乗り心地を向上させたミニバン専用の長持ちする低燃費タイヤ。※メーカーHPより抜粋

こちらもふらつき対策をタイヤメーカーが施した専用タイヤです。

ミニバン専用で開発されたタイヤですので、ヴォクシーにぴったりのタイヤだと言えます。

耐久性・安全性・操作性など、全てミニバン専用タイヤとして開発されていますので安心です。

まとめ

あくまで純正サイズでの解説でしたが、タイヤの大切さを再確認できたのではないでしょうか。

ヴォクシーはミニバンですので、タイヤ交換の際は各タイヤメーカーが販売しているミニバン専用タイヤを選択することをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました