ヴォクシー煌と標準車の違いについて|やはり煌は人気が高い?

ヴォクシー煌と標準車の違い

画像:トヨタ

ヴォクシーですが、初代モデルの頃からノアと兄弟車として販売されてきました。

途中からはノア/ヴォクシーをベースとしてラグジュアリーに仕上げた、エスクァイアも登場しました。

現行モデルをはじめ、過去のモデルから見てもヴォクシーには標準グレードの他に「煌」と言うグレードが存在します。

今回はその「煌」がどれくらい標準車に比べて人気が高いのか?またはお得なのか?そのあたりを解説していこうと思います。

ヴォクシーの煌と標準車の違い

現行モデルのヴォクシーのZSとZS煌の二つのグレードで違いを検証していきたいと思います。

まず世の中にあるさまざまな車種と比較した時に、以外なのがエアロの違いがないことです。

ほとんどの車種ではエアロパーツを装着したものを上級グレードとしており、標準グレードではエアロパーツを装着していないためです。

ヴォクシーの場合はこれとは異なっていて、標準車であるZSも標準でエアロパーツが装着されています。

 

ZSとZS煌を比較した時に大きく異なるのはメッキです。

エアロパーツでの違いを無くす代わりに、煌にはメッキを採用しています。

フードモール(ZSでも一部箇所はメッキモール)をはじめ、アウトサイドドアハンドル・ドアミラーなどにメッキを採用しています。

また、バックドアパネルに張り付けられた車名ロゴにも工夫がされています。

標準車のZSがブラック塗装なのに対して、煌の場合はダークスモーク塗装がされたエンブレムが貼り付けられています。

その他、エクステリアで煌にはガラスにUVカットガラスが採用されています。

エクステリアでもこのような工夫がされていますが、煌ではインテリアにはさらに力を入れています。

センタークラスターパネルにはZSでピアノブラック塗装がされているデザインをベースにシルバー塗装が施されています。

また、メーターフードのデザインを煌専用カラーに変更しています。

標準車であれば、ブラック塗装のものをブラック塗装とすることで存在感をアピールしています。

煌にだけある装備として、LEDルームランプが煌には追加されています。

また、標準車であればメーカーオプションであるリアオートエアコンと両側パワースライドドアを煌では標準装備に変更されています。

ヴォクシー標準車と煌の流通を比較する

ここまでは煌と標準グレードの比較を行ってみました。

エアロパーツの違いはないものの、細かい部分で標準グレードと煌で差別化されていることがおわかりいただけたと思います。

流通量となると主に中古車のことを指しますが、流通量が多いということはそれだけ新車としてその車が売れたことになります。

ただ、稀ではありますが爆発的に売れその後にユーザーがなかなか手放さないというケースも実際はあります。

ほとんどの場合が便利だとか使用上の理由だと思いますが、中古車として流通している台数だけを見るのではなく実際に販売された台数で判断すべきでしょう。

実際に、オートオークションの過去データなどを見るとおよその状況は把握できます。

一般には公開されていないデータですのでイメージでのお話にはなりますが、過去データを見る限りでは標準グレードも煌もそこまで流通している台数は変わりません。

このことから少しでも安い方がいいので標準グレードを買う層と、ハイグレードを求めて煌を買う層にさほど差がないことが伺えます。

ただ、最初に触れたように手放さない人が多くて球数が少なる車種もあるためにこのデータはあくまで参考データです。

 

ヴォクシーの煌はアルファードやヴェルファイアのように最高級グレードがとんでもなく高額になるわけではありません。

そういう背景もあって、流通台数にさほど差が出ていないと推測できます。

ですので、新車時の人気としても煌は当然人気グレードですが価格か?グレードか?この二つの考え方によって二分化されているのが現状です。

売却時のメリット

購入する時から売却することを考えるというのもおかしな話ですが、煌を買うことを検討している方の中にはきっと気になっている方はおられるかと思います。

消費者心理を考えて、新車価格が少し煌の方が高くなっているのだから売る時も…、当然の考えだと思いますし、あながち間違っていることはありません。

オートオークションの過去データを見ていても煌は高く落札されていることが多く見られます。

同じ売るなら標準グレードよりも煌の方が買取価格の方が高くなりそうなものです。

 

実際に、毎年日本自動車査定協会から発刊されるデータからも車種関係なくグレードが高い車両の方が車両価値がある場合が多いです。

ただし、高く売れるというのは年式・走行距離・修復歴のありなし・不具合のありなしなどの条件がほぼ同等であった場合に比較して初めて言えることです。

煌だから必ず高く買ってもらえるかというと、そんなことはありません。

あくまで、同条件で言えば標準グレードよりも煌の方が高く買ってもらえるのではないでしょうか?という程度で考えた方が賢明です。

極端な例ですが、走行距離が20万km走行していたりだとか大きな事故をした過去があると大きな査定ダウンになります。

そうなるとグレードが高くても関係ありません。

買取価格が高いということは、その車をその価格にいくらか乗せた状態でも買いたい人がいるという証拠です。

過度な期待はせず、もしかしたら煌を買っている方が売る時に高く買ってもらえるかも?ぐらいにとどめておくのが良いでしょう。

まとめ

購入時に気になる煌と標準車ですが、グレードによる違いもありますし価格も異なります。

どちらのグレードが「お得か?」はあくまで同じ条件で比較した場合に言えます。

ですので、購入後に大切に乗ることが最も重要です。

 

タイトルとURLをコピーしました