ヴォクシーのハイブリッド車とガソリン車を比較!|買うならどちらか?

ヴォクシーのハイブリッド車とガソリン車を比較

画像:トヨタ

1997年に発売された、世界初の量産ハイブリッド車「プリウス」を筆頭にトヨタは数多くのハイブリッド車を展開し、【トヨタ=ハイブリッド】のイメージが強いですね。

ハイブリッド専用車として「プリウス」「プリウスα」「アクア」等を展開する一方、ガソリンエンジンとハイブリッドの併売をしている車種もあります。

そして、ヴォクシーもそのうちの1車種です。

今回はハイブリッドとガソリンエンジンのそれぞれのメリットを理解したうえで、ヴォクシーを買うならどちらか?をまとめてみました。

 

ハイブリッド車のメリット

ハイブリッド車のメリット

画像:トヨタ

  • 燃費がいい・環境にやさしい・静か
  • ハイブリッドならではのシステムで、深夜の住宅街でも走行音を気にすることはない

ハイブリッドと聞いて、思い浮かぶこといえば「燃費がいい」「環境にやさしい」「静か」あたりでしょうか?

いずれも車に搭載されているモーターのおかげで実現できています。

ハイブリッド駆動用のバッテリーが充電されていれば、エンジンを使わずに発進できるのです。

 

車に搭載されたコンピューターは常に走行状態を検知し、エンジンとモーターの使い分けをしています。

これにより、モータのみの走行とエンジンを使用しての走行を切り分けているのです。

当然、エンジンがかかっていなければ、排気ガスは出ません。

また、燃料を使用せず、エンジン音もしません。

「燃費がいい」のは発進時にエンジンを使用せずにモーターを使用するからです。

 

ガソリン車の場合、発進から加速、停止までずっとエンジンがかかっています。(最近はアイドリングストップ機能が当たり前で、信号待ち等の時は止まっていますが…)

ガソリン車で一番効率が悪いのが発進時。

1トン以上ある車体を0km/hから加速させるのはかなり大きなエネルギーが必要です。

さらに、ATやCVT車は滑らかに発進するためにエンジンとタイヤの動力伝達経路の間にトルクコンバーターというものが設けられています。

MT車でいうクラッチと同じで、シフトチェンジの時のクラッチ操作や発進時の半クラを自動的に行ってくれる優れた機構です。

しかしデメリットもあり、これが燃費悪化につながるのです。

滑らかな発進を実現するために、半クラッチ状態が長いためエンジンの動力を100%伝えられない時間が長いのです。

 

ハイブリッド車の場合は、発進時はほぼモーターが担当します。

モーターの特性は0回転の時に一番大きなトルクが出ます。

トルクとは、軸を回そうとする回転力のことです。

モーターの回転数が上がれば上がるほどトルクは低下していきます。

また、常に回転していなければいけないエンジンに対し、モーターは駆動する直前まで0回転で問題無いため、クラッチが必要ありません。

なので、最初から100%の動力を伝えることができます。

ハイブリッド駆動用のバッテリーが充電されていれば、エンジンを使わずに発進できるのです。

そして発進時が一番モーターのメリットを活かせる場面なのです。

ハイブリッド車にはEVモードというスイッチがあり、バッテリーが充電されている状態でそのボタンを押すと、強制的にモーターのみの走行に切り替わります。(車速条件あり)

カタログにも書いてあるとおり、深夜の住宅街でも走行音を気にすることなく走行することができます。

これもハイブリッド車ならではの機能です。

ガソリン車のメリット

ガソリン車のメリット

画像:トヨタ

  • ハイブリッド車に比べてエンジンルーム内がスッキリしている
  • ハイブリッド車より車重が若干軽いため、ハンドル操作にリニアに車が反応する

先にハイブリッド車の良いところばかりを書きましたが、ガソリン車にもメリットは存在します。

ガソリン車はハイブリッド車に比べ、スペースの面で優れています。

電気の力を使用するハイブリッド車はガソリン車に比べ、補器類が多く、エンジンルーム内の部品点数が多いため、エンジンルーム内に収まらない部品もあります。

ハイブリッド車の場合、補器バッテリーという部品が、エンジンルーム内に格納できないため、スーパーラゲージボックスというデッキボード下の床下収納に搭載されます。

スペース自体広く、更に補器バッテリーもガソリン車に使用されているバッテリーと大きさは変わらないですので、便利なものなので実使用で大きな支障が出るほどではありませんが、長尺物を格納する場合は工夫が必要になります。

 

その点、ガソリン車は気にすることなく、広々使用することができます。

また、部品点数の影響でガソリンエンジンの方が車両重量が軽くなります。

グレードにもよりますが、ハイブリッド車の最重量グレードとガソリン車最軽量グレードではその差が50㎏となります。(いずれもFF車)

たかが50㎏と感じるかもしれませんが、車に対する影響は大きく、山間部のようなワインディング路の走行ではかなり顕著に差が表れます。

軽い方がハンドル操作にリニアに車が反応するので、とてもキビキビとした印象となります。

 

ハイブリッド車は街乗りのようなストップ&ゴーを繰り返す走行では燃費に対し大きな武器となりますが、郊外や高速道路などの比較的高車速で航続するような走行では、ガソリン車の方が燃費が良くなります。

ハイブリッド車でも基本高車速域では常にエンジンがかかっています。

この場合車中が軽いガソリン車の方が有利であり、CVTの制御のおかげで、エンジン回転数も低くすることに成功しています。

特にこのCVTの恩恵で、かなり燃費が良くなっています。

 

もう一つ、ガソリン車とハイブリッド車で大きな差があります。

それは、ガソリン車のみ4WDを選択できるということです。

トヨタの電動四輪駆動「E-Four」は現在アルファード/ヴェルファイアハイブリッドやエスティマハイブリッド、現行プリウスに採用されていますが、まだヴォクシーへの展開はありません。

雪国の方はもちろん4WDを選択すると思いますが、最近では関東でも大雪が降ります。

周りが白くなる程度の積雪であれば、FFでも走行できないことはありませんが、くるぶしを超えてくるような積雪では少々厳しいかもしれません。

走行安定性という面で、選択肢があるのはガソリンエンジンのメリットでしょう。

結局どっちを買う?

ガソリン車とハイブリッド車のそれぞれメリットを説明してきました。

上記で書いたことを箇条書きにすると以下のようになります。

ハイブリッド車

  • 街乗りでは燃費がすごくいい
  • モーター走行時はとても静か
  • 停止状態からの発進が軽やか
  • 環境にやさしい

ガソリン車

  • スペースに余裕が有る
  • 車両重量が軽い
  • 高速定常走行はハイブリッド車より燃費がいい
  • 4WDが選択できる
  • ハイブリッド車よりも値段が安い

 

あくまでも例ですが、お子さんがいらっしゃって、部活や習い事をしていて、ほとんどを通勤と子供の送り迎えのような短距離走行に使用するような場合だとハイブリッド車をお勧めします。

高速道路を使用する頻度が多い使い方だとガソリンエンジンの方が有利です。

燃費の面でもそうですが、高速道路を走行するような車速では、先にも書きましたが、ハイブリッド車でもエンジンがかかっている状態です。

静粛性の面でも、大差はないといえるでしょう。

まとめ

  • 短距離での使用頻度が多い方はハイブリッド車(お子さんの送迎など)
  • 高速道路の使用頻度の多い方はガソリン車

初代プリウスの発売から20年以上経過し、ハイブリッドシステムも熟成が進み、世界を代表するハイブリッドシステムになっています。

燃費性能もさることながら、静粛性であったり、走行性能もガソリン車以上の領域もあります。

ガソリン車も日進月歩で、燃費性能と出力の相反する性能を高次元で両立できるようになってきました。

どちらもうまく使えば、燃費や乗り心地もいいものです。

適材適所で、今回説明させていただいた知識をもとに、ヴォクシーのハイブリッド車とガソリン車の選択をしていただけたらと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました