ヴォクシーの人気色と不人気色について

ヴォクシーの人気色と不人気色

今回はヴォクシーの人気色と不人気色について解説します。

どんな車種でも人気・不人気色というものが存在し、ヴォクシーについても同様です。

また、色によってメリット・デメリットもあります。

ヴォクシーの人気色ランキング

購入する方によって好みは千差万別ではありますが、基本的にはパールと黒が人気上位を占めています。

1位 ホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン

画像:トヨタ

いわゆるパールホワイトパールです。

もはや不動の人気色で、ほとんどの車種で一番人気なのがパールホワイトです。

磨けば輝きを増しますし、少し変わった色を選んで冒険することを思えば無難な色とも言えます。

難点と言えば板金塗装の際にソリッド色に比べてカラーの層にパール層が追加されるため、その分塗料代が高くなることです。

しかし、当然ながら板金塗装することがなければ心配ありません。

2位のブラックと被る部分はありますが、WAX掛けをするなどメンテナンスに力を入れればさらに綺麗に見えます。

人によってはどんな車種を買ってもパールホワイトという方もいる程このカラーは車種問わず人気です。

2位 ブラック

ブラック

画像:トヨタ

次は黒です。

パールホワイトのようにパールが入っているわけではありませんが、上記でも触れたようにWAX等で磨けば輝くカラーです。

最近では個人でも施工が手軽にできるボディコーティングキットも販売されていますので、ご購入の際は是非お試しください。

黒はパールホワイトと同様で車種に関係なく人気のカラーです。

好みはホワイトかブラックかで分かれますが、この2色が特に人気です。

しかし、メンテナンスに気を遣うのがこの黒というカラーリングです。

洗車機や指の爪でちょっと引っかけただけで引っかき傷が付いてしまいますし、洗車を疎かにしてしまうとすぐに水垢や汚れが目立ちます。

洗車は基本的に手洗いが推奨ですので、洗車に手間暇がかかります。

その手間をかけた分綺麗には見えますが、それが要因のひとつで一番人気ではない車種がほとんどです。

3位 ボルドーマイカ・メタリック

ボルドーマイカ・メタリック

画像:トヨタ

こちらの色はメタリック系のカラーです。

どちらかと言うと若年層に人気のカラーで、男性に人気です。

日産セレナに採用されているカラーと同系統で、ミニバンのテッパンとも言えるカラーです。

ヴォクシーはどちらかというと「イカツイ」デザインです。

それに加えてこの渋い雰囲気のカラーですので、若い男性から支持を得ています。

このカラーはパールとはまた違った良さがあり、メタリックならでは輝きがあります。

綺麗な色ですので、ボディコーティング等で定期的にメンテナンスをするとより輝きを増します。

不人気色について

自動車のカラーリングに使用される色には沢山の種類があります。

その中には人気色もあれば不人気色もあり、ヴォクシーの場合も同様です。

人気色もそうですが、不人気色選定の感覚には個人差があります。

選びたくない色として考えていただければと思います。

カラーラインアップとしてはヴォクシーは6色しかありませんので、人によってはこの後にご紹介する気になるカラーリングが不人気と判断する可能性もあります。

1位 シルバー・メタリック

シルバー・メタリック

画像:トヨタ

シルバーやグレーといったカラーリングは自動車には不向きなカラーリングです。

車種によっては車のイメージと合っているシルバーもあります(メルセデスベンツなど)が、ヴォクシーについてはあまり似合いません。

歴代のヴォクシーのオークション相場を見ていても、他のカラーに比べて安く落札される傾向があります。

また、コンパクトカーや軽自動車でシルバーが似合う車に出会ったことがありません。

しかし、逆転の発想で中古車で購入する場合は不人気色が安くなる傾向にあります。

中古車の購入を検討中で色にこだわりにないのであれば、不人気色を選択する方法もあります。

過去にはジャーナリストの方でこのことを指摘され、不人気色を狙って購入する手法をメディアで紹介されている方もおられました。

2位 アバンギャルドブロンズメタリック

アバンギャルドブロンズメタリック

画像:トヨタ

このカラーは好みがはっきり分かれると思います。

ご年配の方を中心に落ち着いたカラーがお好みであればこのカラーもありではありますが、需要を考えるとこの後に紹介する気になるカラーの方が好まれるケースが多いです。

このカラーの立ち位置は中途半端と言えますが、個人的には選ばないカラーですね。

気になるカラー

1位 イナズマスパーキングブラックガラスフレーク

イナズマスパーキングブラックガラスフレーク

画像:トヨタ

このカラーはカタログ等でご覧のとおり、渋いグリーン系のカラーです。

好みは分れますが、若い男性が好むケースがあります。

人とは少し違った(ラインアップされてますが…)カラーを好まれる方におすすめです。

渋い色ですので見た目も悪くないのではないでしょうか。

不人気色の2色よりは個人的にはありと感じています。

2位 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

画像:トヨタ

このカラーはブルー系のカラーで、どちらかと言うとダークブルーと言えるカラーです。

渋めがあるカラーと言う意味合いではイナズマスパーキングブラックガラスフレークと被る部分もあり、好みが分かれる色でもあります。

ミニバンですので、ヴィッツの水色のようにあまり明るいカラーでは車種のイメージと合いません。

そこで、この渋いダークブルーなのですが人によっては黒に匹敵することも考えられます。

渋い色を好むのであれば、黒と合わせてイナズマスパーキングブラックガラスフレーク・ブラッキッシュアゲハガラスフレークの現車や色見本を実際に販売店で確認しましょう。

購入するにあたってカラーで迷っているのであれば、実際の比較は非常に大切なポイントです。

まとめ

他の車種でもそうですが、パールホワイトと黒が人気を占める割合は高いです。

しかし、黒系はメンテナンスに手が掛かりますので、それが難しいのであれば他のカラーがおすすめです。

全ての色に共通することですが、購入前に色見本や展示車で確認するようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました